土地や建物を贈与して不動産の所有者が変わったときには

管轄法務局にて所有権移転登記をすることになります。

 

登記の期限は

所有権移転登記は、いつまでにしなければならいという期限はありません。

ただ、登記しないままでいると、後々に権利関係が複雑になる可能性があります。

「親族間の贈与で、お互い分かっているから、後回しにしよう」

と、放っているうちに、

当事者が亡くなってしまい大きなトラブルとなる可能性があります。

不動産を贈与する際は、速やかに登記することをお勧めします。

 

贈与登記の必要書類

案件によって異なることもありますが、一般的に必要な書類は以下の通りです。

 

贈与者

・不動産の権利証(登記済証・登記識別情報通知)

・印鑑証明書(3ヵ月以内に発行されたもの)

・贈与契約書

・評価通知書

委任状または登記申請書に実印を押印する必要があります。

 

受贈者

・住民票(有効期限はありません)

押印は認印で構いません。

 

 

それ以外に、

贈与者の登記上の住所と印鑑証明書の住所が異なる場合は住民票、

不動産が農地(田・畑)の場合は、農地法の許可書が必要となります。

 

 

不動産贈与の登録免許税

所有権移転登記(不動産の名義変更)をする際には登録免許税がかかります。

登録免許税は、固定資産税評価額の2パーセントです。

例えば、評価額1000万円の不動産でしたら登録免許税は20万円となります。

登記費用のお見積りなどご相談の際は、固定資産課税明細をご用意ください。

 

贈与税・不動産取得税

1年間に基礎控除額である110万円以上の贈与を受けると、贈与税の申告をする必要があります。

贈与や売買により不動産を取得した場合は不動産取得税も発生します。

 

贈与税がかかる場合(国税庁タックスアンサー)

不動産取得税(兵庫県)

 

 

不動産の贈与登記(名義変更)のことなら司法書士にご相談下さい。

 

 


姫路の司法書士への相談・予約のイメージ図

主な対応エリア

揖保郡太子町たつの市(旧 龍野市・揖保川町・御津町・新宮町)姫路市、相生市、宍粟市、神崎郡福崎町、市川町、神河町、加古川市、高砂市、赤穂市、赤穂郡上郡町、佐用郡佐用町

 当司法書士事務所では上記の地域を中心に業務を行っております。上記以外の地域の不動産登記についても郵送などにより対応可能ですのでご相談ください。


カテゴリー:贈与, 不動産登記