土地や建物を贈与して不動産の所有者が変わったときには

所有権移転登記をすることになります。

 

所有権移転登記は、いつまでにしなければならいという期限はありません。

ただ、登記しないままでいると、後々権利関係が複雑になる可能性があります。

「親族間の贈与で、お互い分かっているから、後回しにしよう」

と、放っているうちに、

当事者が亡くなってしまい大きなトラブルとなる可能性があります。

 

不動産の贈与登記のことなら司法書士にご相談下さい。

 

 


姫路の司法書士への相談・予約のイメージ図

主な対応エリア

揖保郡太子町たつの市(旧 龍野市・揖保川町・御津町・新宮町)姫路市、相生市、宍粟市、神崎郡福崎町、市川町、神河町、加古川市、高砂市、赤穂市、赤穂郡上郡町、佐用郡佐用町

 当司法書士事務所では上記の地域を中心に業務を行っております。


カテゴリー:贈与

司法書士小川卓也事務所 このページの関連記事

  • 死因贈与の登記   死因贈与とは、贈与者の死亡により効力が発生する贈与をいいま […]
  • 抵当権抹消登記 住宅ローンの借り入れをする際には通常、不動産に抵当権の設定登記がされます。 […]
  • 抵当権の債務者が死亡した場合 抵当権の債務者が死亡し、共同相続人の1名が債務を引き受ようとする場合は、 […]
  • 死後認知と遺産分割協議 子供の父親に認知して欲しいけど、既に父親が死亡している場合は、 父親の死 […]
  • 不動産売買 不動産(土地・建物)を売買したときは、 所有権の登記名義を売主から買主に […]
  • 遺留分の放棄 遺留分の放棄は、相続開始の後は方式を問わず、いつでもすることができます。 […]