自筆証書遺言は、遺言者本人が自筆で書く必要があります。

 

遺言者が、添え手など他人の補助を受けて書いた遺言書
自筆証書遺言として有効なのでしょうか。

 

この点について、判例は、

「自書」の要件を充たすためには、遺言者が証書作成時に自書能力を有し、かつ、右補助が遺言者の手を用紙の正しい位置に導くにとどまるか、遺言者の手の動きが遺言者の望みにまかされていて単に筆記を容易にするための支えを借りたにとどまるなど添え手をした他人の意思が運筆に介入した形跡のないことが筆跡のうえで判定できることを要する。

としています(最判昭和62年10月8日民集第41巻7号1471頁)。

 

補助を受けて書いた遺言書も必ずしも無効というわけではありませんが、

本当に本人の意思で作成されたのか分かりにくいため、後日の争いの種となる可能性もあります。

遺言者本人が、自筆で書くのが難しい場合は、公正証書による遺言をお勧めします。

 

民法第968条1項

自筆証書によって遺言をするには、遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならない。


姫路の司法書士への相談・予約のイメージ図

主な対応エリア

揖保郡太子町たつの市(旧 龍野市・揖保川町・御津町・新宮町)姫路市、相生市、宍粟市、神崎郡福崎町、市川町、神河町、加古川市、高砂市、赤穂市、赤穂郡上郡町、佐用郡佐用町

 当司法書士事務所では上記の地域を中心に業務を行っております。


カテゴリー:遺言