代物弁済とは、本来の債務の弁済に代えて、他の物を債権者に給付して債務を消滅させることをいいます。

例えば、お金の借り入れをしている場合に、金銭の代わりに不動産を債権者に譲渡して借金を無しにするという弁済方法です。

 

代物弁済は、弁済者と債権者の合意によってなされる契約ですので、

片方の当事者が一方的に行うことは出来ません。

 

不動産を代物弁済すると、所有権が移転し、債務が消滅します。

所有権移転の時期は、債権者と弁済者との間で代物弁済の合意が成立した日です。

他方、債務が消滅する時期は、弁済者から債権者への所有権移転登記がなされた時となります。

 

 


姫路の司法書士への相談・予約のイメージ図

主な対応エリア

揖保郡太子町たつの市(旧 龍野市・揖保川町・御津町・新宮町)姫路市、相生市、宍粟市、神崎郡福崎町、市川町、神河町、加古川市、高砂市、赤穂市、赤穂郡上郡町、佐用郡佐用町

 当司法書士事務所では上記の地域を中心に業務を行っております。


カテゴリー:不動産登記

司法書士小川卓也事務所 このページの関連記事