会社の本店を移転する場合、会社の定款を変更する必要があるのでしょうか。

それは、本店の移転先や現在の定款の記載内容によって異なります。

 

会社の定款には、本店の所在地として「市町村」までは必ず記載しなければなりません。

市町村以降の住所(○○何番地)まで定款に記載するかは任意です。

 

1.市町村まで記載されている場合

例えば、「当会社は、本店を兵庫県姫路市におく」と定款に記載されていれば、

姫路市内で本店移転をするには定款を変更する必要はありませんが、

姫路市外に本店を移転しようとする場合には定款を変更する必要があります。

 

2.市町村以降の番地まで記載されている場合

また、「当会社は、本店を兵庫県姫路市網干区○○何番地におく」定款に記載されていれば、

姫路市内での本店移転でも、定款変更をしなければなりません。

 

本店移転の登記や定款変更については司法書士にご相談ください。


姫路の司法書士への相談・予約のイメージ図

主な対応エリア

揖保郡太子町たつの市(旧 龍野市・揖保川町・御津町・新宮町)姫路市、相生市、宍粟市、神崎郡福崎町、市川町、神河町、加古川市、高砂市、赤穂市、赤穂郡上郡町、佐用郡佐用町

 当司法書士事務所では上記の地域を中心に業務を行っております。


カテゴリー:商業登記

司法書士小川卓也事務所 このページの関連記事