遺言を公正証書で作成すると、遺言書の原本(遺言者・証人の署名・押印のあるもの)は公証役場で保管されます。

遺言者は、遺言公正証書の正本謄本を受け取ることになります。

正本も謄本も、公証人が原本に基づいて作成した原本の写しです。

 

 

「遺言公正証書によって相続や遺贈の不動産登記をするには、

正本による必要があるのか、謄本でも可能なのか」 については、

インターネット上では、「正本を添付する必要がある」旨の記載もあれば、

「謄本でも登記できる」との記載も見られます。

 

法務局によって取り扱いが異なるかもしれませんが、

神戸地方法務局姫路支局では、

遺言公正証書の謄本で登記可能です

(2015年3月に姫路支局へ照会、登記完了)

 


姫路の司法書士への相談・予約のイメージ図

主な対応エリア

揖保郡太子町たつの市(旧 龍野市・揖保川町・御津町・新宮町)姫路市、相生市、宍粟市、神崎郡福崎町、市川町、神河町、加古川市、高砂市、赤穂市、赤穂郡上郡町、佐用郡佐用町

 当司法書士事務所では上記の地域を中心に業務を行っております。


カテゴリー:遺言

司法書士小川卓也事務所 このページの関連記事