株式会社で取締役会を開催したら取締役会議事録を作成します。

取締役会議事録には、出席した取締役と監査役が押印します。

この印鑑については、一部の例外を除いてどの印鑑でも構いませんので三文判でも差し支えありません。

代表取締役は、届出印(会社実印)を押印するのが一般的です。

 

個人実印の押印・印鑑証明書が必要な場合

 

1.取締役会決議で代表取締役を選定した場合

取締役会の決議で代表取締役を定めた場合に、取締役会議事録に変更前の代表取締役が届出印(会社実印)を押印していない場合は、出席取締役及び監査役は個人実印を押印し、印鑑証明書が必要となります。

代表取締役が重任する場合や、変更前の代表取締役が平取締役として取締役会に参加している場合などで、変更前の代表取締役が届出印(会社実印)を押印していれば、他の取締役・監査役は実印押印や印鑑証明書を用意する必要はありません。

 

2.会社と取締役の利益相反取引についての取締役会議事録

例えば、会社と取締役が不動産売買をするなどの利益相反取引については、取締役会設置会社は取締役会決議(※)で承認を得る必要があります。

取締役会議事録には、代表取締役は会社実印を、出席取締役及び監査役は個人実印をそれぞれ押印します。

不動産登記の申請に、取締役会議事録と印鑑証明書の添付が必要となります。

 

※取締役会非設置会社の場合は株主総会決議で承認を得ることになります。


姫路の司法書士への相談・予約のイメージ図

主な対応エリア

揖保郡太子町たつの市(旧 龍野市・揖保川町・御津町・新宮町)姫路市、相生市、宍粟市、神崎郡福崎町、市川町、神河町、加古川市、高砂市、赤穂市、赤穂郡上郡町、佐用郡佐用町

 当司法書士事務所では上記の地域を中心に業務を行っております。上記以外の地域の不動産登記についても郵送などにより対応可能ですのでご相談ください。


カテゴリー:商業登記, 不動産登記