年金福祉事業団は、平成13年に年金資金運用基金に承継され、

さらに年金資金運用基金は、平成18年に独立行政法人福祉医療機構に承継されています。

 

ですので、年金福祉事業団を債権者とする抵当権の抹消登記の前提として、

年金福祉事業団から独立行政法人福祉医療機構へ抵当権の移転登記をする必要があります。

つまり、 ①抵当権移転登記 と ②抵当権抹消登記 をすることになります。

 

窓口となっている銀行・信用金庫など金融機関で、抵当権抹消の書類を手配してくれますが、

抵当権移転登記に関する書類については、

登記の依頼を受けた司法書士が、司法書士会を経由して手配することになります。

 

年金福祉事業団・年金資金運用基金の抵当権移転登記に関する費用は、

司法書士が独立行政法人福祉医療機構に請求します。

※抵当権抹消登記の費用は依頼者が負担します。

 

 

 


姫路の司法書士への相談・予約のイメージ図

主な対応エリア

揖保郡太子町たつの市(旧 龍野市・揖保川町・御津町・新宮町)姫路市、相生市、宍粟市、神崎郡福崎町、市川町、神河町、加古川市、高砂市、赤穂市、赤穂郡上郡町、佐用郡佐用町

 当司法書士事務所では上記の地域を中心に業務を行っております。


カテゴリー:抵当権

司法書士小川卓也事務所 このページの関連記事