抵当権の債務者が死亡し、共同相続人の1名が債務を引き受ようとする場合は、

相続人全員の遺産分割協議による合意だけでなく、債権者の承認が必要です。

 

遺産分割協議及び債権者の承認により、共同相続人の1名のみが債務を引き受けた場合、

債務者を当該共同相続人とする抵当権の変更登記をすることになります。

この場合、前提として、共同相続人全員を債務者とする変更の登記をする必要はありません(昭33.5.10民甲964号)。

(※根抵当権の場合は、相続人全員を債務者とする変更登記が必要です)

 


姫路の司法書士への相談・予約のイメージ図

主な対応エリア

揖保郡太子町たつの市(旧 龍野市・揖保川町・御津町・新宮町)姫路市、相生市、宍粟市、神崎郡福崎町、市川町、神河町、加古川市、高砂市、赤穂市、赤穂郡上郡町、佐用郡佐用町

 当司法書士事務所では上記の地域を中心に業務を行っております。


カテゴリー:抵当権, 相続

司法書士小川卓也事務所 このページの関連記事