一般に仏式の場合の葬儀に関する流れとしては、

①通夜、②告別式、③出棺、④火葬、⑤初七日法要、⑥納骨

といった流れになります。

 

これに対して、法律によって定められている手続きとしては以下の通りです。

死亡届の提出 、火葬許可証の受領 、②火葬の実施 、(③墓地・納骨堂に埋蔵)

 

 

①死亡届の提出 、火葬許可証の受領

死亡届は、死亡の事実を知った日から7日以内に届出をしなければなりません(戸籍法第86条1項)

死亡届には死亡診断書または死体検案書を添付します。

届出先は、死んだ方の本籍地または死亡地、もしくは届出人の所在地でもすることが出来ます(戸籍法第25条1項、88条1項)。

 

なお、届出の際に、火葬許可の申請も同時に行います。

火葬を行うには、市町村長の火葬許可証が必要です(墓地埋葬法第5条、8条)。

太子町の場合は、火葬場の予約受付も役場にて行うことになります。

 

②火葬の実施

火葬場とは、火葬を行うために、火葬場として都道府県知事の許可をうけた施設をいいます(墓地埋葬法第2条)。

太子町・たつの市の火葬場(斎場)は次の2箇所です。

 

筑紫の丘斎場

住所 揖保郡太子町佐用岡732

※死亡者の住所地が、太子町、たつの市(新宮町区域は除く)以外の場合は、

火葬場の使用料が倍額となります。

 

こぶし苑

住所 たつの市新宮町光都3-37-1

※死亡者の住所地が、たつの市新宮町,上郡町,佐用町以外の場合は、

火葬場の使用料が倍額となります。

 

 

 

 

 

 

 


姫路の司法書士への相談・予約のイメージ図

主な対応エリア

揖保郡太子町たつの市(旧 龍野市・揖保川町・御津町・新宮町)姫路市、相生市、宍粟市、神崎郡福崎町、市川町、神河町、加古川市、高砂市、赤穂市、赤穂郡上郡町、佐用郡佐用町

 当司法書士事務所では上記の地域を中心に業務を行っております。


カテゴリー:その他, 未分類

司法書士小川卓也事務所 このページの関連記事