例えば遺言書に、

「揖保郡太子町鵤○○番地の土地をAに相続させる。遺言執行者をBとする。」

と記載されている場合に、相続登記の申請を司法書士が代理するには

相続人Aの委任状だけで良いのでしょうか。遺言執行者Bの関与は必要なのでしょうか。

 

この場合、登記申請はAの委任状だけで足ります。

特定の相続人に相続させるという内容の遺言は、

遺言者が死亡した時点で直ちに遺産が承継されるため、

遺言執行者が関与する必要はありません。

 

※遺言の内容が、相続ではなく遺贈である場合は、遺言執行者の関与は必要です。

遺言の記載が少し異なるだけで、その後の手続きが大きく違ってくることもありますので、

遺言書を作成する際はご注意下さい。


姫路の司法書士への相談・予約のイメージ図

主な対応エリア

揖保郡太子町たつの市(旧 龍野市・揖保川町・御津町・新宮町)姫路市、相生市、宍粟市、神崎郡福崎町、市川町、神河町、加古川市、高砂市、赤穂市、赤穂郡上郡町、佐用郡佐用町

 当司法書士事務所では上記の地域を中心に業務を行っております。


カテゴリー:相続, 遺言

司法書士小川卓也事務所 このページの関連記事