遺産分割協議は、相続人全員の話し合いによって行います。

相続人の中に1人でも行方が分からない人、生死も不明な方がいると

遺産分割協議をすることが出来ません。

 

このような場合は、次のいずれかの方法を検討することになります。

 

① 不在者財産管理人の選任

家庭裁判所に選任の申立てをします。不在者財産管理人は家庭裁判所の許可を得て、行方不明者に代わって遺産分割協議に参加します。

 

② 失踪宣告の申立て

行方不明者の生死が7年間不明である場合は、家庭裁判所に失踪宣告の申立てをすることが出来ます。

失踪宣告を受けると、行方不明者は死亡したものとみなされます。この場合は、行方不明者の法定相続人が遺産分割協議に参加することになります。

 

 

失踪宣告は、行方不明者が死亡したと扱われるため、心情的には問題があるかもしれないでしょう。

不在者財産管理人を選任すると、遺産分割協議をするには家庭裁判所の許可を要するため、

行方不明者の法定相続分に相当する財産を行方不明者に分配する内容の遺産分割協議をすることになるでしょう。

 


姫路の司法書士への相談・予約のイメージ図

主な対応エリア

揖保郡太子町たつの市(旧 龍野市・揖保川町・御津町・新宮町)姫路市、相生市、宍粟市、神崎郡福崎町、市川町、神河町、加古川市、高砂市、赤穂市、赤穂郡上郡町、佐用郡佐用町

 当司法書士事務所では上記の地域を中心に業務を行っております。


カテゴリー:相続

司法書士小川卓也事務所 このページの関連記事