不動産の所有権の登記名義人がお亡くなりになったとき、

登記名義を相続人に変更することになります。

 

所有権についての相続登記は、いつまでにしなければならないという期限はありませんが、

相続登記をしないままでいるうちに、

相続人が亡くなったりすると相続関係が複雑になってしまい、

遺産分割協議が困難になる可能性があります。

 

また、相続発生当初は、遺産分割協議が成立し、

「相続登記に協力する」と口約束がされていても、

数年経過したときに協力してくれなくなることもあり得ます。

 

早期に相続登記の手続きをされることをお勧めします。

 

相続登記のことなら司法書士にお任せ下さい。


姫路の司法書士への相談・予約のイメージ図

主な対応エリア

揖保郡太子町たつの市(旧 龍野市・揖保川町・御津町・新宮町)姫路市、相生市、宍粟市、神崎郡福崎町、市川町、神河町、加古川市、高砂市、赤穂市、赤穂郡上郡町、佐用郡佐用町

 当司法書士事務所では上記の地域を中心に業務を行っております。


カテゴリー:相続

司法書士小川卓也事務所 このページの関連記事