被相続人 甲が、孫(子Aの子C)を養子にしている場合に、

甲よりも先にAが死亡したときは、

Cは、代襲相続人としての相続分と、養子としての相続分を取得することになります。

相続関係
Cは、被相続人 甲 の相続について、Aの代襲相続人としての相続分と、

養子としての相続分とを合計した相続分を有することになります。

甲に配偶者がいなければ、Bの法定相続分は3分の1

Cの法定相続分は3分の2となります。

 


姫路の司法書士への相談・予約のイメージ図

主な対応エリア

揖保郡太子町たつの市(旧 龍野市・揖保川町・御津町・新宮町)姫路市、相生市、宍粟市、神崎郡福崎町、市川町、神河町、加古川市、高砂市、赤穂市、赤穂郡上郡町、佐用郡佐用町

 当司法書士事務所では上記の地域を中心に業務を行っております。


カテゴリー:相続

司法書士小川卓也事務所 このページの関連記事