祭祀主催者とは、祖先の法事などの祭祀を主宰し、

墓地・墓石・仏壇・仏具などの祭祀財産を承継する人のことをいいます。

祭祀財産は、相続財産には含まれず、祭祀主催者が承継します。

 

では、祭祀主催者は以下の順序で決定します(民法第897条)。

 ① 被相続人の指定

 ② 慣習

 ③ 家庭裁判所の調停・審判

被相続人の指定が無ければ慣習で決まります。

慣習も明らかでない場合は、家庭裁判所の調停または審判で決定することになります。

 

被相続人が指定する場合は、生前行為または遺言によって指定することになります。

祭祀主催者に関する慣習は、必ずしも明確ではありませんので、

相続人間で紛争になる可能性があるのでしたら、

事前に書面や遺言で明確にしておいた方が良いでしょう。

 

なお、祭祀主催者となれる人については、法律上は制限がありません。

結婚や養子縁組をして氏の異なる人や、相続権の無い人や、

親族関係にない知人を祭祀主催者に指名することも可能です。


姫路の司法書士への相談・予約のイメージ図

主な対応エリア

揖保郡太子町たつの市(旧 龍野市・揖保川町・御津町・新宮町)姫路市、相生市、宍粟市、神崎郡福崎町、市川町、神河町、加古川市、高砂市、赤穂市、赤穂郡上郡町、佐用郡佐用町

 当司法書士事務所では上記の地域を中心に業務を行っております。


カテゴリー:その他, 遺言

司法書士小川卓也事務所 このページの関連記事