不動産についての遺産分割協議書には、

相続の対象となる不動産を特定するため、登記事項証明書(登記簿謄本)を基に

土地については、所在地番地目地積を、

建物については、所在家屋番号種類構造床面積を表記します。

また、建物に附属建物がある場合は、附属建物の符号・種類・構造・床面積も表記します。

記載に不備があると、相続登記できない可能性があります。

 

所在については、兵庫県の表記は無くても構いません。

揖保郡太子町○○たつの市××姫路市△△の表記で足りますが、

字以下の記載まで表記して下さい。

 

遺産分割協議書の不動産の記載例

(土地の場合)

所在  揖保郡太子町鵤字△△

地番  〇〇番

地目  宅地

地積  ○○○.○○㎡

 

(建物の場合)

所在    揖保郡太子町鵤字△△ 〇〇番地

家屋番号  〇〇番

種類    居宅

構造    木造かわらぶき2階建

床面積   1階 ○○.○○㎡

2階  ○○.○○㎡


姫路の司法書士への相談・予約のイメージ図

主な対応エリア

揖保郡太子町たつの市(旧 龍野市・揖保川町・御津町・新宮町)姫路市、相生市、宍粟市、神崎郡福崎町、市川町、神河町、加古川市、高砂市、赤穂市、赤穂郡上郡町、佐用郡佐用町

 当司法書士事務所では上記の地域を中心に業務を行っております。


カテゴリー:相続, 不動産登記