遺留分の放棄は、相続開始の後は方式を問わず、いつでもすることができます。

相続開始前は家庭裁判所の許可が必要です(民法1043条)。

相続開始の前後でこのような違いがあるのは、被相続人からの圧力を防止するためです。

 

共同相続人の1人が遺留分を放棄した場合でも、
他の共同相続人の遺留分は増えません。

例えば、共同相続人が配偶者A、子B・Cのケースで、
本来の遺留分は、Aが4分の1、B・Cがそれぞれ8分の1となります。
子Bが遺留分を放棄したとしても、AやCの遺留分は増減しません。

また、相続放棄とは異なり
Bは遺留分を放棄しても相続人の地位を失うことにはなりません。
ですので、遺留分を放棄したBは遺産分割協議に参加したり、
財産を相続することも可能です。


姫路の司法書士への相談・予約のイメージ図

主な対応エリア

揖保郡太子町たつの市(旧 龍野市・揖保川町・御津町・新宮町)姫路市、相生市、宍粟市、神崎郡福崎町、市川町、神河町、加古川市、高砂市、赤穂市、赤穂郡上郡町、佐用郡佐用町

 当司法書士事務所では上記の地域を中心に業務を行っております。


カテゴリー:相続

司法書士小川卓也事務所 このページの関連記事