遺言 と聞くと、

「まだまだ先のことだから」「財産が少ないから自分には関係ない」

お考えの方もいるかと思います。

 

 

遺言を作成する理由としては、

・自分の財産の分配方法は自分で決めておきたい。

・遺族が財産をめぐって争いに発展する可能性を未然に防ぎたい。

などがあるでしょう。

 

遺言が無くても、相続人間の遺産分割協議が上手くまとまれば、相続トラブルも発生しないでしょう。

ただ、遺言を作成していなかったために、相続をめぐるトラブルが生じてしまうケースもあります。

 

特に以下のようなケースでは、遺言を作成することをお勧めします。

 

 ① お子さんがいない夫婦

例えばご主人が亡くなると、奥さんとご主人の兄弟(兄弟が亡くなっている場合は、その子)が相続人となるケースがあります。

ご主人亡き後も奥さんが安心して生活するためには遺言書があった方が良いでしょう。

 

 ② 内縁の配偶者がいる

内縁の配偶者は相続人とはなりません。お住まいの住居やその他財産を内縁の配偶者に残すには遺言が有効です。

 

 ③ 再婚したが、前夫・前妻との間に子供がいる場合

遺産分割協議がまとまりにくいと考えられます。

 

 ④ 相続権のない方に財産を譲りたい ・ 推定相続人がいない

お世話になった人に財産を残したい場合

相続人がいない場合は国庫に帰属することになります。

 


姫路の司法書士への相談・予約のイメージ図

主な対応エリア

揖保郡太子町たつの市(旧 龍野市・揖保川町・御津町・新宮町)姫路市、相生市、宍粟市、神崎郡福崎町、市川町、神河町、加古川市、高砂市、赤穂市、赤穂郡上郡町、佐用郡佐用町

 当司法書士事務所では上記の地域を中心に業務を行っております。


カテゴリー:相続, 遺言

司法書士小川卓也事務所 このページの関連記事