当司法書士事務所は揖保郡太子町・たつの市・姫路市など兵庫県西部を中心に不動産登記や会社登記を取り扱っている司法書士事務所です
記事
  • HOME »
  • 記事 »
  • 月別アーカイブ: 2015年4月

月別アーカイブ: 2015年4月

抵当権者の支店表示の可否について

  抵当権が設定されている不動産の登記簿謄本(登記事項証明書)の記載の中には、 抵当権者として、「○○銀行(取扱店△△支店)」のように支店の表記がされているものがあります。   この支店の表記について …

遺留分の放棄

遺留分の放棄は、相続開始の後は方式を問わず、いつでもすることができます。 相続開始前は家庭裁判所の許可が必要です(民法1043条)。 相続開始の前後でこのような違いがあるのは、被相続人からの圧力を防止するためです。 &n …

離婚による財産分与と不動産登記

離婚した場合は、相手方に財産の分与を請求することができます。 財産分与は、まず当事者の協議で定めますが、協議が調わない場合や協議ができない場合は、 離婚の日から2年以内に、家庭裁判所に対して協議に代わる処分を請求すること …

代物弁済を原因とする所有権移転登記

  代物弁済とは、本来の債務の弁済に代えて、他の物を債権者に給付して債務を消滅させることをいいます。 例えば、お金の借り入れをしている場合に、金銭の代わりに不動産を債権者に譲渡して借金を無しにするという弁済方法 …

抵当権の債務者が死亡した場合

抵当権の債務者が死亡し、共同相続人の1名が債務を引き受ようとする場合は、 相続人全員の遺産分割協議による合意だけでなく、債権者の承認が必要です。   遺産分割協議及び債権者の承認により、共同相続人の1名のみが債 …

死後認知と遺産分割協議

子供の父親に認知して欲しいけど、既に父親が死亡している場合は、 父親の死亡後3年以内なら認知の訴えをすることができます(民法787条)。 死後認知が認められると、子供は父親の相続人となります。   しかし、認知 …

市街化区域と市街化調整区域(太子町・たつの市・姫路市)

  ある土地が、市街化区域内にあるのか調整区域内にあるのか、については 各市町村の担当部署で確認するのが確実です。 例えば、太子町の場合は「街づくり課」、たつの市・姫路市の場合は「都市計画課」です。 &nbsp …

抵当権の対象となるもの

抵当権の目的物となるものとして、 不動産、地上権、永小作権、各種財団抵当法による財団(工場財団など)、立木に関する法律による立木などが挙げられます。   ・不動産賃借権を目的として抵当権を設定出来ない。 ※不動 …

PAGETOP