当司法書士事務所は揖保郡太子町・たつの市・姫路市など兵庫県西部を中心に不動産登記や会社登記を取り扱っている司法書士事務所です
記事
  • HOME »
  • 記事 »
  • 相続

相続

特定の不動産の相続と遺言執行者

  例えば遺言書に、 「揖保郡太子町鵤○○番地の土地をAに相続させる。遺言執行者をBとする。」 と記載されている場合に、相続登記の申請を司法書士が代理するには 相続人Aの委任状だけで良いのでしょうか。遺言執行者 …

相続資格の重複

  被相続人 甲が、孫(子Aの子C)を養子にしている場合に、 甲よりも先にAが死亡したときは、 Cは、代襲相続人としての相続分と、養子としての相続分を取得することになります。 Cは、被相続人 甲 の相続について …

養子縁組の当事者の死亡と離縁について

養子縁組の当事者が死亡しても、 養子縁組のよって生じた親族関係は消滅しません。   養子縁組の当事者である養親または養子が死亡した後に、 生存当事者が養子縁組を解消(死後離縁)するには、 家庭裁判所の許可を要し …

遺産分割協議書の不動産の記載について

  不動産についての遺産分割協議書には、 相続の対象となる不動産を特定するため、登記事項証明書(登記簿謄本)を基に 土地については、所在・地番・地目・地積を、 建物については、所在・家屋番号・種類・構造・床面積 …

子どもの認知と相続権

認知されていない子(嫡出でない子)の相続権   ・父親との関係 相続権はありません。 認知によって法律上の親子関係が発生します(最判平2.7.19)ので、 父に認知されていない子は父親の相続権はありません。 & …

遺留分の放棄

遺留分の放棄は、相続開始の後は方式を問わず、いつでもすることができます。 相続開始前は家庭裁判所の許可が必要です(民法1043条)。 相続開始の前後でこのような違いがあるのは、被相続人からの圧力を防止するためです。 &n …

抵当権の債務者が死亡した場合

抵当権の債務者が死亡し、共同相続人の1名が債務を引き受ようとする場合は、 相続人全員の遺産分割協議による合意だけでなく、債権者の承認が必要です。   遺産分割協議及び債権者の承認により、共同相続人の1名のみが債 …

死後認知と遺産分割協議

子供の父親に認知して欲しいけど、既に父親が死亡している場合は、 父親の死亡後3年以内なら認知の訴えをすることができます(民法787条)。 死後認知が認められると、子供は父親の相続人となります。   しかし、認知 …

生命保険金と相続

例えば、父親Aさん、母親Bさん、長男Cさん、次男Bさんの4人家族で、 Aさんが亡くなり、生命保険金の受取人がBさんに指定されている場合、 (保険契約者=Aさん、被保険者=Aさん、保険金受取人=Bさん) 生命保険金の給付請 …

住宅ローンの完済と不動産所有者の相続

  住宅ローンなど債務を完済すると、不動産の抵当権の抹消登記をします。 ところが、不動産の所有者が亡くなっている場合はどのような取扱いになるのでしょう。   例えば、Aさん名義の土地とBさん名義の建物 …

1 2 »
PAGETOP