当司法書士事務所は揖保郡太子町・たつの市・姫路市など兵庫県西部を中心に不動産登記や会社登記を取り扱っている司法書士事務所です
司法書士業務
  • HOME »
  • 司法書士業務 »
  • 相続

相続

抵当権の債務者が死亡した場合

抵当権の債務者が死亡すると、相続人全員が相続分に応じて債務を承継することになります。 相続人のうちの1名が債務を引き受ようとする場合は、 相続人全員の遺産分割協議による合意だけでなく、債権者の承認が必要です。 &nbsp …

死後認知と遺産分割協議

子供の父親に認知して欲しいけど、既に父親が死亡している場合は、 父親の死亡後3年以内なら認知の訴えをすることができます(民法787条)。 死後認知が認められると、子供は父親の相続人となります。   しかし、認知 …

生命保険金と相続

例えば、父親Aさん、母親Bさん、長男Cさん、次男Bさんの4人家族で、 Aさんが亡くなり、生命保険金の受取人がBさんに指定されている場合、 (保険契約者=Aさん、被保険者=Aさん、保険金受取人=Bさん) 生命保険金の給付請 …

住宅ローンの完済と不動産所有者の相続

抵当権抹消と相続登記 住宅ローンなど債務を完済すると、不動産の抵当権の抹消登記をします。 ところが、不動産の所有者が亡くなっている場合はどのような取扱いになるのでしょう。   例えば、 Aさん名義の土地とBさん …

遺言書を作成する理由とは

  遺言と聞くと、 「まだまだ先のことだから」「自分には関係ない」と お考えの方もいるかと思います。     遺言を作成する理由 遺言を作成する理由としては、 ・自分の財産の分配方法は自分で …

相続人のなかに未成年者がいる場合

未成年者が法律行為を行うときは、 通常は、親権者が法定代理人として法律行為を行います。 しかし、遺産分割協議の場合は、親権者が未成年者の代理人として遺産分割協議に参加できないケースがあります。   親権者が未成 …

相続税と不動産の売却(相続財産を譲渡した場合の取得費の特例)

土地や建物を売却した場合、 譲渡所得に対して税金が課されます。   通常 譲渡所得 = 売却代金 - (取得費 + 譲渡費用) - 特別控除 となります。   取得費となるのは土地の場合、購入代金など …

相続人が行方不明の場合

  遺産分割協議は、相続人全員の話し合いによって行います。 相続人の中に1人でも行方が分からない人、生死も不明な方がいると 遺産分割協議をすることが出来ません。   このような場合は、次のいずれかの方 …

相続不動産の調査

相続登記に際して、 被相続人(亡くなった方)の相続不動産を特定しなければなりません。 土地の場合は地番、建物の場合は家屋番号により特定します。 地番や家屋番号を知るには、次の方法で調査することになります。   …

相続登記

  不動産の所有権の登記名義人が亡くなられたとき、 登記名義を相続人に変更することになります。 遺言書や相続放棄の有無によって手続きや必要書類は異なります。   相続登記の期限 所有権についての相続登 …

« 1 2
PAGETOP