不動産売買

不動産売買契約書

不動産(土地・建物)を売買したときは、

所有権の登記名義を売主から買主に変更することになります。

これを所有権移転登記といいます。

不動産売買では、大きなお金のやり取りがありますので、迅速かつ確実に名義変更をする必要があります。

 

不動産の所有権移転と登記

不動産の所有権は、民法上は当事者の契約のみで移転します。

売主と買主が売買契約を締結し、売買契約に基づいて売主が売買代金を支払えば不動産の所有権は売主から買主へ移転します。

しかし、登記をしなければ登記名義は売主のまま残っています。

たとえば売主が登記名義が自分の名義であることを利用して、第三者に不動産を売却(二重譲渡)してしまう可能性もあります。

もしも、後の買主に所有権移転登記をされてしまうと、最初の買主は自己の所有権を主張できなくなってします。

速やかに登記をしないと後々にトラブルが生じる可能性があります。

 

 

不動産取引の決済の立会

通常、不動産を売買する場合は、売買代金の支払いと 、権利証など所有権移転登記に必要な書類の授受を同時に行います。

もしも、登記に必要な書類に不備があると、売買代金を支払ったのに名義変更できないという事態にもなりかねません。

所有権移転登記の前提として必要な登記もあります。

抵当権・根抵当権など担保権が設定されている不動産なら、これら担保権を抹消する必要があります。

売主の住所が、移転している場合は、住所変更登記をする必要があります。

買主が金融機関から融資を受けて不動産を購入する場合は、所有権移転登記と同時に金融機関の抵当権設定登記を同時にすることになります。

 

「名義変更するために必要な書類は揃っているのか?」

「売買代金を支払っても良いのか?」

 

そこで、司法書士の立会いの下、登記に必要な書類を確認を行い、売買決済をすることになります。

 

 

不動産売買による所有権移転登記は、司法書士にご相談下さい。

当事務所では、揖保郡太子町・姫路市・たつの市など兵庫県南西部を中心として不動産売買に関する登記業務を行っています。

 

たつの市・姫路市の司法書士への相談・予約のイメージ図


当司法書士事務所の主な対応エリア

揖保郡太子町たつの市(旧 龍野市・揖保川町・御津町・新宮町)姫路市相生市宍粟市赤穂市赤穂郡上郡町神崎郡福崎町市川町神河町加古川市高砂市


上記以外のエリアについても郵送等により対応可能ですのでご相談ください。
不動産登記売買
司法書士小川卓也事務所|太子町・たつの市・姫路市
タイトルとURLをコピーしました