被相続人の居住用不動産(空き家および敷地)を売ったときの譲渡所得の特例

不動産を売却して譲渡所得が発生すると、譲渡所得税がかかります。

被相続人が住んでいた住居が空き家になったため売却する際には、一定の要件を充たせば「被相続人の居住用財産(空き家)に係る譲渡所得の特別控除の特例」を受けることができます。

最高3000万円までの特別控除を受けることができます。

亡くなられた方の住居に愛着があり、売ることに抵抗があるかもしれません。

しかし、一定の期間内に売却しなければ、この特別控除を受けることができません。

空き家の売却を検討している方や、空き家の管理に悩んでいる方は検討してみてはいかがでしょうか。

 

適用を受けるための要件や手続きについては下記の国税庁のウェブサイトにてご確認ください。

被相続人の居住用財産(空き家)を売ったときの特例

 

 

 

たつの市・姫路市の司法書士への相談・予約のイメージ図


当司法書士事務所の主な対応エリア

揖保郡太子町たつの市(旧 龍野市・揖保川町・御津町・新宮町)姫路市相生市宍粟市赤穂市赤穂郡上郡町神崎郡福崎町市川町神河町加古川市高砂市


上記以外のエリアについても郵送等により対応可能ですのでご相談ください。
売買相続
司法書士小川卓也事務所|太子町・たつの市・姫路市
タイトルとURLをコピーしました