要役地の所有権移転と地役権

地役権とは、自分の土地の便益のために他人の土地を利用する権利をいいます。

例えば、Aさんが自己の土地から公道へ出入りするため他人(Bさん)の土地を通行する必要がある場合に、

Bさんの土地を通行するための通行地役権などです。

地役権は当事者の地役権設定契約によって生じ、登記することもできます。

 

 

要役地・承役地

便益を受ける土地を要役地、便益に供される土地を承役地といいます。

上記の例では、Aさんの土地が要役地、Bさんの土地が承役地となります。

地役権は、要役地のための権利ですので、

原則として要役地の所有権が移転したとしても、地役権も当然に所有権に伴って移転します。

Aさんが要役地を第三者(Cさん)に売却した場合、通行地役権もCさんに移転することになります。

 

要役地とともに移転しない特約

Bさんが「Aさん以外の人には通行して欲しくない」と考える場合は、

地役権設定契約時に、「地役権が要役地とともに移転しない旨の特約」を結ぶことが可能です。

この特約は、登記することも可能です。登記することによって第三者に対しても特約を主張することが可能になります。

 

たつの市・姫路市の司法書士への相談・予約のイメージ図


当司法書士事務所の主な対応エリア

揖保郡太子町たつの市(旧 龍野市・揖保川町・御津町・新宮町)姫路市相生市宍粟市赤穂市赤穂郡上郡町神崎郡福崎町市川町神河町加古川市高砂市


上記以外のエリアについても郵送等により対応可能ですのでご相談ください。
不動産登記
司法書士小川卓也事務所|太子町・たつの市・姫路市
タイトルとURLをコピーしました