養子縁組の当事者の死亡と離縁について

養子縁組の当事者が死亡しても、

養子縁組によって生じた親族関係は消滅しません。

養子縁組を解消する方法

養子縁組の当事者である養親または養子が死亡した後に、

生存当事者が養子縁組を解消(死後離縁)するには、

家庭裁判所の許可を要します。

死後離縁の許可の申立は、申立人の住所地を管轄する家庭裁判所に行います。

姫路市・たつの市などの家庭裁判所の管轄

許可審判の確定後

家庭裁判所の許可審判の確定後、市町村役場に届出することになります。

市町村役場への届出には、裁判所の「審判書謄本」と「確定証明書」が必要です。

死後離縁の効果

離縁は将来に向かって親族関係を解消するものですので、

離縁前に発生した相続については影響は及びません。

例えば、養親Aが死亡した後に、養子Bが死後離縁して養子縁組が解消されても

BはAの相続権を有したまま、ということになります。

養親が借金を残したまま死亡した場合に、借金を相続したくない場合は「相続放棄の申述」を家庭裁判所に行います。

なお、死後離縁後の、扶養義務や代襲相続権には影響が及びます。

たつの市・姫路市の司法書士への相談・予約のイメージ図


当司法書士事務所の主な対応エリア

揖保郡太子町たつの市(旧 龍野市・揖保川町・御津町・新宮町)姫路市相生市宍粟市赤穂市赤穂郡上郡町神崎郡福崎町市川町神河町加古川市高砂市


上記以外のエリアについても郵送等により対応可能ですのでご相談ください。
その他相続
司法書士小川卓也事務所|太子町・たつの市・姫路市
タイトルとURLをコピーしました