ogawa

相続

死因贈与の取消しの可否

死因贈与契約について、撤回の方法についてはどのように行うのでしょうか。 死因贈与契約の取消しの可否・方法 原則的な死因贈与契約の取消し方法 死因贈与は、「その性質に反しない限り、遺贈に関する規定を準用する」(民法554条)とされていま...
抵当権・根抵当権

抵当権抹消登記

住宅ローン完済と抵当権抹消登記 住宅ローンの借り入れをする際には通常、土地・建物の不動産に抵当権の設定登記がされます。 住宅ローンを完済すると、金融機関から抵当権の抹消登記に必要な書類を受け取り、 抵当権の抹消登記手続きを...
商業登記

みなし解散の登記(休眠会社・休眠一般法人の整理作業)

休眠会社とは、最後に登記があった日から12年を経過した株式会社を指します。 休眠一般法人は、最後に登記があった日から5年を経過した一般社団法人・一般財団法人を指します。 特例有限会社は休眠会社には含まれませんので、みなし解散もされま...
商業登記

会社の取締役や監査役が結婚して氏が変わったときは・・・

株式会社や有限会社などの会社について登記事項に変更が生じた場合、 大抵のケースでは2週間以内に変更の登記をしなければなりません。 取締役や監査役など役員の氏名は登記事項ですので、役員の氏名が変わると2週間以内に変更登記する必要が...
抵当権・根抵当権

根抵当権の元本確定事由・確定時期

 確定事由 確定時期  1  元本確定期日の到来 確定期日  2 根抵当権者または債務者に相続があった場合に、相続開始6ヶ月以内に合意の登記をしなかったとき 相続開始のとき  3 根...
不動産登記

不動産を買戻す特約

不動産を売買する際に、 不動産の売主は、売買代金と契約費用を買主に返還して 売買契約を解除し、不動産を取り戻す特約を売買契約と同時にすることができます。 これを、買戻特約といいます(民法第579条)。 ...
抵当権・根抵当権

抵当権の対象となるもの

抵当権の目的物となるものとして、 不動産、地上権、永小作権、各種財団抵当法による財団(工場財団など)、立木に関する法律による立木などが挙げられます。 ・不動産賃借権を目的として抵当権を設定出来ない。 ※不動産賃借権...
相続

生命保険金と相続

例えば、父親Aさん、母親Bさん、長男Cさん、次男Bさんの4人家族で、 Aさんが亡くなり、生命保険金の受取人がBさんに指定されている場合、 (保険契約者=Aさん、被保険者=Aさん、保険金受取人=Bさん) 生命保険金の給付請求...
その他

祭祀主催者とは

祭祀主催者とは、祖先の法事などの祭祀を主宰し、 墓地・墓石・仏壇・仏具などの祭祀財産を承継する人のことをいいます。 祭祀財産は、相続財産には含まれず、祭祀主催者が承継します。 では、祭祀主催者は以下の順序で...
抵当権・根抵当権

住宅ローンのフラット35とは

フラット35とは、住宅金融支援機構(旧:住宅金融公庫)が民間金融機関と提携して提供する固定金利型の住宅ローンです。 民間の銀行や信用金庫などを窓口として利用することになります。 一般的に次のような特徴があります。...