ogawa

相続

遺留分の放棄と家庭裁判所の許可

遺留分は放棄することが出来ます。 ただ、相続開始前と相続開始後とでは異なる点があります。 相続開始前 家庭裁判所の許可を受ける必要があります。 (民法第1043条第1項) 相続開始後 ...
商業登記

会社の本店を移転するには定款を変更しなければならない?

本店移転と定款 会社の本店を移転する場合、会社の定款を変更する必要があるのでしょうか。 それは、本店の移転先や現在の定款の記載内容によって異なります。 定款にはどこまで記載する必要があるか 会社の定款には、本店の所在地と...
相続

相続放棄の熟慮期間の計算方法

相続放棄する場合は、相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内にしなければなりません(民法第915条1項)。 この期間のことを熟慮期間といいます。 熟慮期間の計算については、初日は算入されません(民法第140条...
商業登記

株式会社の代表取締役の地位のみを辞任

代表取締役は、代表取締役としての地位だけでなく取締役としての地位も有しています。 代表権の無い平取締役としては在籍しつつ代表取締役の地位のみを辞任することもできます。 単に、代表取締役の辞任届だけで良いと思われるかもしれませんが、 会社の機...
抵当権・根抵当権

抵当権と消滅時効

被担保債権の時効消滅 抵当権は、債権を担保するためのものですので、 被担保債権が時効により消滅すれば抵当権も消滅します(民法第167条1項)。 民法第167条1項 債権は、十年間行使しないときは、消滅する。 抵当権自体の時効消滅 抵当権そ...
不動産登記

代物弁済を原因とする所有権移転登記

代物弁済とは 代物弁済とは、本来の債務の弁済に代えて、他の物を債権者に給付して債務を消滅させることをいいます。 代物弁済の具体例 例えば、お金の借り入れをしている場合に、金銭の代わりに不動産を債権者に譲渡して借金を無しにするという...
相続

遺言書を作成する理由とは

遺言と聞くと、 「まだまだ先のことだから」「自分には関係ない」と お考えの方もいるかと思います。 遺言を作成する理由 遺言を作成する理由としては、 ・自分の財産の分配方法は自分で決めておきたい。 ・遺族が財産をめ...
相続

再転相続の場合の相続放棄

相続放棄は、自己のために相続の開始があったことを知ってから3ヵ月以内にしなければなりません(民法第915条)。 この3か月の期間のことを熟慮期間といいます。 再転相続の熟慮期間 祖父Aが債務超過のま...
抵当権・根抵当権

抵当権抹消登記の申請人

不動産を担保に融資をうける際、不動産に抵当権の設定登記をします。 その後、債務を返済し終えると抵当権抹消登記をします。 抵当権の抹消登記は、不動産の所有者と抵当権者(債権者)が共同で行うのが原則です。 司法書士が行う場合は、不動産所有...
商業登記

株式会社の商号変更について

株式会社の商号(会社名)も変更することができます。 会社の商号については一定のルールがあります。 商号に関するルール 会社の商号に使用できる文字 商号に使用できる文字は、漢字・ひらがな・カタカナだけでなく、アルファベット(大文字・小文字)...