ogawa

不動産登記

不動産の共有状態の解消(共有物分割)

例えば、ある土地を数人が共有しているとします。 この共有状態を解消する共有物分割の方法としては以下の3通りあります。 共有不動産の分割方法 現物分割・代金分割・価格賠償の3通りの方法があります。 1.現物分割 数人が共有している土地を数筆...
その他

農地の短期時効取得と農地法の許可

田や畑の農地について所有権を移転するには、 原則として農地法の許可が必要となります。 相続などのように、所有権移転の原因によっては農地法の許可が不要な場合もあります。 農地法の許可が不要な場合として、取得時効による場合があ...
相続

相続放棄

相続放棄の手続 相続放棄の手続とは、管轄の家庭裁判所に「相続放棄の申述」を行い、その申述が家庭裁判所で受理されることによって初めて効果が生じます。 例えば、相続人間で「相続放棄する」との口約束をしたり、相続放棄する旨の書面を作成...
不動産登記

遺産分割協議書の不動産の記載について

不動産についての遺産分割協議書には、 相続の対象となる不動産を特定するため、登記事項証明書(登記簿謄本)を基に 土地については、所在・地番・地目・地積を表記します。 建物については、所在・家屋番号・種類・構造・床面積を表記します。...
遺言

他人に補助してもらった自筆証書遺言の効力

自筆証書遺言は、遺言者本人が自筆で書く必要があります。 遺言者が、添え手など他人の補助を受けて書いた遺言書は 自筆証書遺言として有効なのでしょうか。 この点について、判例(最判昭和62年10月8日民集第41巻7号1471頁)は、 「自書...
売買

相続税と不動産の売却(相続財産を譲渡した場合の取得費の特例)

土地や建物を売却した場合、 譲渡所得に対して税金が課されます。 通常 譲渡所得 = 売却代金 - (取得費 + 譲渡費用) - 特別控除 となります。 取得費となるのは土地の場合、購入代金などで...
抵当権・根抵当権

住宅ローンの完済と不動産所有者の相続

抵当権抹消と相続登記 住宅ローンなど債務を完済すると、不動産の抵当権の抹消登記をします。 ところが、不動産の所有者が亡くなっている場合はどのような取扱いになるのでしょう。 例えば、 Aさん名義の土地とBさん名義の...
遺言

自筆証書遺言の有効・無効に関する判例・先例

遺言の方式として、自筆証書遺言と公正証書遺言があります。 自筆証書遺言は、財産目録を除いて遺言書の全文を遺言者が自書し押印しなければなりません。 要式に不備があると遺言としては無効になってしまいますので注意が必要です。 ...
不動産登記

不動産の贈与(生前贈与)

土地や建物を贈与して不動産の所有者が変わったときには 管轄法務局にて所有権移転登記(名義変更)をすることになります。 たつの市や太子町内の不動産は龍野の法務局へ、姫路市内の不動産は姫路の法務局へ登記申請します。 登記の...
相続

相続登記

不動産の所有権の登記名義人が亡くなられたとき、 登記名義を相続人に変更することになります。 遺言書や相続放棄の有無によって手続きや必要書類は異なります。 相続登記の必要書類 相続登記の期限 所有権につい...