ogawa

不動産登記

兵庫県南西部の法務局の管轄(不動産登記)

不動産に関する登記の申請は、 その土地・建物の所在地を管轄する法務局に行います。 もし、管轄を間違えて登記申請してしまうと、却下となります。 神戸市のような大きな都市の場合は、 同じ市内でも法務局の管轄が複数に分かれていますが、 ...
売買

不動産の取引価格

不動産を売買するときの売買価格はいくらにすれば良いのでしょう。 その地域の不動産価格の相場を熟知している不動産屋さんに査定してもらうのが一般的かと思います。 不動産屋さんを通さない場合はどのように決めれば良いのでしょう。...
抵当権・根抵当権

日本政策金融公庫の抵当権・根抵当権設定

銀行・信用金庫などの金融機関から不動産を担保に融資を受けると 不動産に抵当権・根抵当権の設定登記をします。 このとき、債権額または極度額の0.4%の額の登録免許税が必要になります。 例えば、債権額2,000万円の抵当権を設...
売買

不動産を売却する前に行う登記手続き

売主Aさんが買主Bさんに不動産を売り渡す場合、 AさんからBさんに所有権の名義変更(所有権移転登記)をします。 ただ、場合によっては、その前提として登記をおこなう必要があります。 相続登記 登記上の所有名義人が、Aさんの亡親Cさんのま...
商業登記

みなし解散の登記(休眠会社・休眠一般法人の整理作業)

休眠会社とは、最後に登記があった日から12年を経過した株式会社を指します。 休眠一般法人は、最後に登記があった日から5年を経過した一般社団法人・一般財団法人を指します。 特例有限会社は休眠会社に含まれませんので、みなし解散もされませ...
相続

相続不動産の調査

相続登記に際して、 被相続人(亡くなった方)の相続不動産を特定しなければなりません。 土地の場合は地番、建物の場合は家屋番号により特定します。 不動産の調査方法 地番や家屋番号を知るには、次の方法で調査することになります。 1.固定資...
不動産登記

不動産売買

不動産(土地・建物)を売買したときは、 所有権の登記名義を売主から買主に変更することになります。 これを所有権移転登記といいます。 不動産売買では、大きなお金のやり取りがありますので、迅速かつ確実に名義変更をする必...
相続

相続登記

不動産の所有権の登記名義人が亡くなられたとき、 登記名義を相続人に変更することになります。 遺言書や相続放棄の有無によって手続きや必要書類は異なります。 相続登記の期限 所有権についての相続登記は、いつまでに...
抵当権・根抵当権

抵当権抹消登記

住宅ローン完済と抵当権抹消登記 住宅ローンの借り入れをする際には通常、不動産に抵当権の設定登記がされます。 住宅ローンを完済すると、金融機関から抵当権の抹消登記に必要な書類を受け取り、 抵当権の抹消登記手続きを行うことになりま...
不動産登記

不動産の贈与(生前贈与)

土地や建物を贈与して不動産の所有者が変わったときには 管轄法務局にて所有権移転登記(名義変更)をすることになります。 太子町内の不動産は龍野の法務局へ、姫路市内の不動産は姫路の法務局へ登記申請します。 登記の期限 所...