不動産登記

不動産登記

建物を新築したときの登記手続き

建物を新築した際にはいくつかの登記手続きをすることになります。 必須の登記手続きと、場合によって必要な登記手続きがあります。 必須な登記 必須の登記手続きは、「建物表題登記」と「所有権保存登記」です。 建物表題登記とは 建物表...
不動産登記

要役地の所有権移転と地役権

地役権とは、自分の土地の便益のために他人の土地を利用する権利をいいます。 例えば、Aさんが自己の土地から公道へ出入りするため他人(Bさん)の土地を通行する必要がある場合に、 Bさんの土地を通行するための通行地役権などです。 ...
不動産登記

取締役会議事録への押印

株式会社で取締役会を開催したら取締役会議事録を作成します。 取締役会議事録には、出席した取締役と監査役が押印します。 この印鑑については、一部の例外を除いてどの印鑑でも構いません。三文判でも差し支えありません。 代表取締役...
不動産登記

遺留分減殺請求と登記原因

被相続人から遺贈や生前贈与・死因贈与があったものの、遺留分を侵害しているため受遺者・受贈者に対して遺留分減殺請求権が行使された場合の登記はどのようになるのでしょうか。 これは、受遺者・受贈者への遺贈・贈与による所有権移...
不動産登記

不動産の共有状態の解消(共有物分割)

土地を数人が共有している。 この共有状態を解消する共有物分割の方法としては以下の3通りあります。 共有不動産の分割方法 現物分割・代金分割・価格賠償の3通りの方法があります。 1.現物分割 数人が共有している土地を数筆...
その他

農地の短期時効取得と農地法の許可

田や畑の農地について所有権を移転するには、 原則として農地法の許可が必要となります。 相続などのように、所有権移転の原因によっては農地法の許可が不要な場合もあります。 農地法の許可が不要な場合として、取得時効による場合があります。 ...
不動産登記

遺産分割協議書の不動産の記載について

不動産についての遺産分割協議書には、 相続の対象となる不動産を特定するため、登記事項証明書(登記簿謄本)を基に 土地については、所在・地番・地目・地積を、 建物については、所在・家屋番号・種類・構造・床面積を表記します。 また、建物...
不動産登記

離婚による財産分与と不動産登記(協議離婚)

財産分与とは 婚姻中に夫婦が共同して築いた財産を離婚により分配することを財産分与といいます。 財産分与の対象となるのは婚姻中に築いた財産です。 婚姻前から個人で所有していた財産は財産分与の対象にはなりません。 離婚し...
不動産登記

代物弁済を原因とする所有権移転登記

代物弁済とは、本来の債務の弁済に代えて、他の物を債権者に給付して債務を消滅させることをいいます。 例えば、お金の借り入れをしている場合に、金銭の代わりに不動産を債権者に譲渡して借金を無しにするという弁済方法です。 ...
不動産登記

死因贈与の登記

死因贈与とは 死因贈与とは、贈与者の死亡により効力が発生する贈与をいいます。 遺言によって成立する遺贈とは異なり、当事者間の死因贈与契約によって成立します。 贈与者が死亡したときに目的物の所有権が移転します。 死因贈...