相続

相続

相続放棄

相続放棄の手続 相続放棄の手続とは、管轄の家庭裁判所に「相続放棄の申述」を行い、その申述が家庭裁判所で受理されることによって初めて効果が生じます。 相続放棄の効果 相続放棄の申述が受理されると、相続放棄した人は初めから相続人で...
売買

被相続人の居住用不動産(空き家および敷地)を売ったときの譲渡所得の特例

不動産を売却して譲渡所得が発生すると、譲渡所得税がかかります。 被相続人が住んでいた住居が空き家になったため売却する際には、一定の要件を充たせば「被相続人の居住用財産(空き家)に係る譲渡所得の特別控除の特例」を受けることができます。 ...
相続

再転相続の場合の相続放棄

相続放棄は、自己のために相続の開始があったことを知ってから3ヵ月以内にしなければなりません(民法第915条)。 この3か月の期間のことを熟慮期間といいます。 再転相続の熟慮期間 祖父Aが債務超過のま...
不動産登記

遺留分減殺請求と登記原因

被相続人から遺贈や生前贈与・死因贈与があったものの、遺留分を侵害しているため受遺者・受贈者に対して遺留分減殺請求権が行使された場合の登記はどのようになるのでしょうか。 これは、受遺者・受贈者への遺贈・贈与による所有権移...
相続

遺産分割協議の解除・やり直し

遺産分割協議が成立したものの、その後、新たに遺産が見つかったり、当初の遺産分割協議の内容では問題が生じた場合に、遺産分割協議をやり直すことはできるのでしょうか。 遺産分割協議の合意解除 一度成立した遺産分割協議について、 共同相続人の全員...
相続

遺留分の放棄と家庭裁判所の許可

遺留分は放棄することが出来ます。 ただ、相続開始前と相続開始後とでは異なる点があります。 相続開始前 家庭裁判所の許可を受ける必要があります。 (民法第1043条第1項) 相続開始後 ...
相続

相続放棄の熟慮期間の計算方法

相続放棄する場合は、相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内にしなければなりません(民法第915条1項)。 この期間のことを熟慮期間といいます。 熟慮期間の計算については、初日は算入さ...
相続

特定の不動産の相続と遺言執行者

例えば遺言書に、 「揖保郡太子町鵤○○番地の土地をAに相続させる。遺言執行者をBとする。」 と記載されている場合に、相続登記の申請を司法書士が代理するには 相続人Aの委任状だけで良いのでしょうか。遺言執行者Bの関与...
相続

相続資格の重複

被相続人 甲が、孫(子Aの子C)を養子にしている場合に、 甲よりも先にAが死亡したときは、 Cは、代襲相続人としての相続分と、養子としての相続分を取得することになります。 Cは、被相続人 甲 の相続について、A...
その他

養子縁組の当事者の死亡と離縁について

養子縁組の当事者が死亡しても、 養子縁組によって生じた親族関係は消滅しません。 養子縁組を解消する方法 養子縁組の当事者である養親または養子が死亡した後に、 生存当事者が養子縁組を解消(死後離縁)するには、 家庭裁判所の許可を要します...