遺言

遺言

自筆証書遺言の有効・無効に関する判例・先例

遺言の方式として、自筆証書遺言と公正証書遺言があります。 自筆証書遺言は、財産目録を除いて遺言書の全文を遺言者が自書し押印しなければなりません。 要式に不備があると遺言としては無効になってしまいますので注意が必要です。 ...
遺言

遺言のやり直し

遺言の撤回・変更の可否 一旦、遺言書を作るとやり直すことはできない。ということはありません。 遺言を作成したものの、時間が経って環境や心境が変化したために 「遺言を撤回したい」「遺言の内容を変更したい」と考えが変わるこ...
相続

特定の不動産の相続と遺言執行者

例えば遺言書に、 「揖保郡太子町鵤○○番地の土地をAに相続させる。遺言執行者をBとする。」 と記載されている場合に、相続登記の申請を司法書士が代理するには 相続人Aの委任状だけで良いのでしょうか。遺言執行者Bの関与...
遺言

他人に補助してもらった自筆証書遺言の効力

自筆証書遺言は、遺言者本人が自筆で書く必要があります。 遺言者が、添え手など他人の補助を受けて書いた遺言書は 自筆証書遺言として有効なのでしょうか。 この点について、判例は、 「自書」の要件を充たすた...
遺言

公正証書遺言の正本・謄本による登記

遺言を公正証書で作成すると、遺言書の原本(遺言者・証人の署名・押印のあるもの)は公証役場で保管されます。 遺言者は、遺言公正証書の正本と謄本を受け取ることになります。 正本も謄本も、公証人が原本に基づいて作成した原本の写...
その他

祭祀主催者とは

祭祀主催者とは、祖先の法事などの祭祀を主宰し、 墓地・墓石・仏壇・仏具などの祭祀財産を承継する人のことをいいます。 祭祀財産は、相続財産には含まれず、祭祀主催者が承継します。 では、祭祀主催者は以下の順序で...
遺言

遺言で決めることが出来ること(遺言事項)

遺言した内容は全て法律上の効力が発生するわけではありません。 遺言することによって法的効力が生じる事項(遺言事項)は法定されています。 遺言事項として以下の事項があります。 身分行為に関するもの 1.認知 2.未成年者の後見人・後見監...
相続

遺言書を作成する理由とは

遺言と聞くと、 「まだまだ先のことだから」「自分には関係ない」と お考えの方もいるかと思います。 遺言を作成する理由 遺言を作成する理由としては、 ・自分の財産の分配方法は自分で決めておきたい。 ・遺族が財産をめぐって争いに発展する...