相続

相続

遺留分の放棄

遺留分とは 遺留分とは、相続人に法律上認められた最低限度の相続財産の割合をいいます。 兄弟姉妹以外の相続人には遺留分があります。 遺留分そのものを放棄することも可能です。 相続開始の前後により、遺留分の放棄の方法は異なります。 遺留分...
不動産登記

遺留分減殺請求と登記原因

  被相続人から遺贈や生前贈与・死因贈与があったものの、遺留分を侵害しているため受遺者・受贈者に対して遺留分減殺請求権が行使された場合の登記はどのようになるのでしょうか。   これは、受遺者・受贈者への遺贈・贈与による所有権移転登記の有無に...
相続

子どもの認知と相続権

認知されていない子(嫡出でない子)の相続権 「嫡出でない子」とは、法律上の婚姻関係にない男女の間に生まれた子をいいます。 いわゆる「隠し子」や「愛人の子」というのがこれに該当します。 自分の子供として「認知」していれば法律上の...
相続

死因贈与の取消しの可否

死因贈与契約について、撤回の方法についてはどのように行うのでしょうか。 死因贈与契約の取消しの可否・方法 原則的な死因贈与契約の取消し方法 死因贈与は、「その性質に反しない限り、遺贈に関する規定を準用する」(民法554条)とされていま...
相続

生命保険金と相続

例えば、父親Aさん、母親Bさん、長男Cさん、次男Bさんの4人家族で、 Aさんが亡くなり、生命保険金の受取人がBさんに指定されている場合、 (保険契約者=Aさん、被保険者=Aさん、保険金受取人=Bさん) 生命保険金の給付請求...
抵当権・根抵当権

抵当権の債務者が死亡した場合

抵当権の債務者が死亡すると、相続人全員が相続分に応じて債務を承継することになります。 相続人のうちの1名が債務を引き受ようとする場合は、 相続人全員の遺産分割協議による合意だけでなく、債権者の承認が必要です。 遺産...
相続

相続資格の重複

被相続人 甲が、孫(子Aの子C)を養子にしている場合に、 甲よりも先にAが死亡したときは、 Cは、代襲相続人としての相続分と、養子としての相続分を取得することになります。 Cは、被相続人 甲 の相続について、A...
相続

死後認知と遺産分割協議

子供の父親に認知して欲しいけど、既に父親が死亡している場合は、 父親の死亡後3年以内なら認知の訴えをすることができます(民法787条)。 死後認知が認められると、子供は父親の相続人となります。 しかし、認知請求が認...
相続

相続人のなかに未成年者がいる場合

未成年者が法律行為を行うときは、 通常は、親権者が法定代理人として法律行為を行います。 しかし、遺産分割協議の場合は、親権者が未成年者の代理人として遺産分割協議に参加できないケースがあります。 親権者が未成年者の法定代...
相続

相続不動産の調査

相続登記に際して、 被相続人(亡くなった方)の相続不動産を特定しなければなりません。 土地の場合は地番、建物の場合は家屋番号により特定します。 不動産の調査方法 地番や家屋番号を知るには、次の方法で調査することになります。 ...