贈与

不動産登記

死因贈与の登記

死因贈与とは 死因贈与とは、贈与者の死亡を条件として効力が発生する贈与をいいます。 遺言によって成立する遺贈とは異なり、贈与者と受贈者の両当事者の死因贈与契約によって成立します。 贈与者が死亡したときに目的物の所有権が贈与者から受贈者に...
贈与

未成年者と親権者の贈与

贈与は契約ですので、贈与者(財産をあげる人)と受贈者(財産をもらう人)の両方の合意によって成立します。 親権者は未成年者の法定代理人として、未成年者に代わって契約などの法律行為をおこなうことができます。 未成年者が、他人との間で...
相続

死因贈与の取消しの可否

死因贈与契約について、撤回の方法についてはどのように行うのでしょうか。 死因贈与契約の取消しの可否・方法 原則的な死因贈与契約の取消し方法 死因贈与は、「その性質に反しない限り、遺贈に関する規定を準用する」(民法554条)とされていま...
不動産登記

不動産の贈与(生前贈与)

土地や建物を贈与して不動産の所有者が変わったときには 管轄法務局にて所有権移転登記(名義変更)をすることになります。 たつの市や太子町内の不動産は龍野の法務局へ、姫路市内の不動産は姫路の法務局へ登記申請します。 登記の...