売買

売買

土地の公簿取引と実測取引

土地の「登記簿上の地積」と「実際の面積」が異なることがあります。 土地を売買するときの売買契約の方式としては、 公簿取引と実測取引があります。 公簿取引とは 公簿取引とは、登記記録上に記載された土地の面積を基準に売買価格を決...
不動産登記

不動産売買

不動産(土地・建物)を売買したときは、 所有権の登記名義人を売主から買主に変更することになります。 これを所有権移転登記といいます。 不動産売買では、大きなお金のやり取りがありますので、迅速かつ確実に名義変更をする...
不動産登記

不動産を買戻す特約

不動産を売買する際に、 不動産の売主は、売買代金と契約費用を買主に返還して 売買契約を解除し、不動産を取り戻す特約を売買契約と同時にすることができます。 これを、買戻特約といいます(民法第579条)。 ...
売買

不動産の取引価格

不動産を売買するときの売買価格はいくらにすれば良いのでしょう。 その地域の不動産価格の相場を熟知している不動産屋さんに査定してもらうのが一般的かと思います。 不動産屋さんを通さない場合はどのように決めれば良いのでしょう。...
売買

土地売買による所有権移転登記の登録免許税の軽減措置の延長

租税特別措置法の一部改正する法律が成立しました。 土地を売買した際の所有権移転登記の登録免許税の軽減措置が、 2年延長され平成33年(2021年)3月31日までとなりました。 土地を売買によって所有権移転登記すると...
売買

不動産を売却する前に行う登記手続き

売主Aさんが買主Bさんに不動産を売り渡す場合、 AさんからBさんに所有権の名義変更(所有権移転登記)をします。 ただ、場合によっては、その前提として登記をおこなう必要があります。 相続登記 登記上の所有名義人が、Aさんの...
売買

被相続人の居住用不動産(空き家および敷地)を売ったときの譲渡所得の特例

不動産を売却して譲渡所得が発生すると、譲渡所得税がかかります。 被相続人が住んでいた住居が空き家になったため売却する際には、一定の要件を充たせば「被相続人の居住用財産(空き家)に係る譲渡所得の特別控除の特例」を受けることができます。 ...
売買

相続税と不動産の売却(相続財産を譲渡した場合の取得費の特例)

土地や建物を売却した場合、 譲渡所得に対して税金が課されます。 通常 譲渡所得 = 売却代金 - (取得費 + 譲渡費用) - 特別控除 となります。 取得費となるのは土地の場合、購入代金などで...